第93回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録

日 時 平成18年5月10日(水) 14:00 〜 15:30
場 所 高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組 金曜エンタテイメント 家族たちの明日〜尼崎列車事故から1年〜
4月21日(金)21:00〜22:52 放送

議 事 内 容

テーマが重過ぎて、3本続けて見るのが心苦しかったが、親子の絆がよく表現されていたと思うし、様々なシーンの描写が臨場感に溢れていた。
番組の性格上、悲しみを強調するのは仕方ないと思うが、もっと家族を失った悲しみや憤りを訴えるシーンがあってもよかったのではないか。
状況説明の様な形で”原因追究もまだ終わっていない、責任もまだどうにもなってない、補償もまだまだこれからだ”ということを最初と最後に言われていたのは、これからまだまだ皆が見続けていかなければならないんだという課題を説明されていたのはとても良かったのではないか。
この番組を見て、こういう事故を本当に風化させないように語り継いでいくというのはとても大事なことだと感じた。
番組枠の2時間の中に3話あったので、1話自体の時間が短くドラマの展開が速くてドラマに重みを感じることができなかった。
ドキュメンタリーをドラマ化する、かつ有名な役者がでていると逆効果で、あまり入り込めなかった。
ドラマで使われている言葉が綺麗過ぎて親近感が湧かなかったし、全体的に単調すぎた。もっとのこされた家族の苦しみとか、怒りとかを感じ取れる、事故についてもっと考えさせられる作り方にしてもらいたかった。
一番最後に字幕で、今回の経緯あるいはそれに関する感謝の言葉等の字幕がずっと出ていましたが、最後を締めくくるのに非常に良かった。
各社が特集を色々、ドキュメンタリーとか組んでましたけども、この番組のようにドラマ仕立てにしていたのはこの番組だけだったと思う。そういう意味ではユニークだったと思うし、事故からわずか1年で遺族、心の傷が癒えない遺族から了解を得てこういうドラマにしたのは評価されるんじゃないかと思う。


戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved