第91回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録

日 時 平成18年3月1日(水) 14:00 〜 15:30
場 所 高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組 「第5回春高コーチングキャラバン明日への飛翔
                〜バレー魂を呼び起こせ!〜」
2月26日(日)12:00〜12:55 放送

議 事 内 容

時間軸に沿って、コーチが来て、何回か練習風景とか試合の様子をずっとしている感じで、選手やコーチの声があまり聞かれなかったのが残念だった。もっと生の声みたいなものがあれば、見る側に共感を持たせられたのではないかと思う。
派遣されたコーチが非常に迫力があり、非常に印象に残った。その中で指導されていたことは、ものすごく的確なことを話をされていて感心する部分が多々あった。
ナレーションの中で”私たち"”私たちの”というフレーズで進んでいたが、選手がナレーションをしていた訳ではないので、少し違和感を感じた。
選手の表情を見ていると番組の最初と最後の方では顔つきも変わってきたように思えたし、指導を受けていく過程で成長していったのが分かり、非常に好感が持てた。
ほとんどがコーチの叫び声と、練習、試合のシーンばかりで単調な作りの番組だと感じた。コーチングキャラバンの目的が、バレーボールの普及や技術の向上というものだと思うので、視聴者がもう少し気持ちが入っていけるような場面等があれば良かったと思う。
あまり生徒たちのやる気というか覇気を感じ取ることができなかったのが残念だった。コーチが技術の向上や意識改革をしようとするため孤軍奮闘する番組という印象だった。
広瀬コーチの言葉が本当に、子供の親の立場という私にとってとても良い言葉がいっぱいあり、大変参考になった。
全体として親子で見るのに推薦できる良い番組だったと思う。
この企画がどういう趣旨であるかという説明が無く、春高バレーというのがどういう大会であるのか位置づけも分からず、もし知識が無ければ視聴者は入り込めないのではないかと感じた。
コーチが最後に「色々やってきたことが後々の生活にも繋がっていく」というような素晴らしい言葉で締めくくっていてその一言に尽きると思ったが、最後に参加した生徒が指導を受けてみてどうだったかという感想も入れてほしかった。
単調な番組だとも感じたが、バレーをやっている子供達やその親たち、バレーを指導している人達にとってはすごく参考になる番組だと思った。

戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved