第88回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録
日 時 平成17年11月2日(水) 14:00 〜 15:30
場 所 高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組 「闇き南溟の彼方へ−練習機<白菊>特攻隊−」
 10月2日(日) 25:10〜26:05 放送

議 事 内 容

ちょうど戦後60年という節目にこういった企画を地元の局が制作するという意欲的な姿勢に共感を覚えました。すごく見応えがあったし、真摯なものを感じましたし、資料も充実していたと思います。
実際に戦争を体験した人達から話をして頂くと非常に切実に伝わってくるものがありました。戦争を知らない人が増えてきているので、そういう意味では非常に意義のある番組だと思いました。
すごく貴重な番組だと思いますが、ああいう番組を若い人が見るようになるような番組作りをしていくことが大事ではないかと思いました。
貴重な証言が数多くあって、戦争の悲劇や残酷さ、それと理不尽さについてあらためて考えさせられる感慨深い番組だったと思います。
ナレーションの部分で適切でない言葉が使われていると感じたところがあったり、そのナレーションがインタビューを受けている人の意見なのか制作側がナレーションとして入れたのか少し曖昧だった。
戦争を知らない人が分かりやすくなるような工夫をされたり、基本的な部分を説明してもらえたら良かったかなと思いました。
子供たちに見せたいと思わせるような番組、できるのであれば学校等で流してほしいと思わせる非常に見ごたえのある番組でした。
こういう貴重な資料をどういう経緯の中で発見されたのかが興味を持ちました。
番組のねらいがよく理解できましたし、特攻隊員の方の言葉も重くて胸に迫るものがありました。
飛行機の模型が出る場面が多く、少し番組が安っぽく感じるところがあったので、もっと実写の場面を盛り込んでいけば迫力が出てきたかもしれないのではと思いました。
インタビューを受けていた方の言葉が聞き取れない部分が多々あったのが残念だった。テロップ等は出して頂いてたんですが、きちんと生の言葉で聴きたかった。
テーマや取材内容自体はすごく良いと思いましたが、見せ方にはやはり限界があるのかなと思い、残念な気がしました。
番組のテーマが地方局が作る番組としてはあまりにも大きかったと思いますが、それが非常によくまとまって作られていたと思います。

戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved