第80回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録
日 時 平成17年 2月2日(水) 14:00 〜 15:30
場 所 高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組 「オランウータンからの贈り物」
平成17年1月16日(日)16:05〜17:20 放送

議 事 内 容

テーマがはっきりしていたし、理解しやすい番組だった。
子供たちが最初は不安から始まって慣れるに従って溶け込んでいく様子、それを見守る親の気持ちが感じさせられるものでした。
命の尊さを強調する余り、ナレーションも無理に押し付けているように感じられる所があった。
番組全体として、いろいろ感じさせられるものだったし、子供達が見てもよく理解できただろうと思う。
タイトルをみるとオランウータンのことを取り上げていくのかなと思っていたら、それ以外のことに ボリュームを取られている感じだった。
出演していた南野陽子さんについては余り必要性を感じなかった。赤井さんの家族だけを描いた方が、スッキリしたんではないかと思いました。
環境問題についての情報番組だったと思いますし、赤井一家の実体験を通じて、命の大切さが良く伝わっていたと思います。
赤井さんが植林活動をしていることなど知りませんでした。自分も植林活動をしているので親近感がありました。
カメラがオランウータンの子供の表情をよく映していたと思いました。
タイトルと内容がチグハグだったと思いました。いろんなシーンが出てきて視聴者的には飽きが来なくていいのかもしれませんが、個人的にはひとつのストーリーをジックリ見たかった。
絶滅の危機に瀕しているオランウータンを通して自然保護を呼びかけ地球を守るというテーマは良かった。
タイトルのつけ方というのは、難しいし大事だなと思いました。
ホームステイを終えて帰りの船に乗っている子供達がたくましく、何か自信にあふれて輝いて見えた。
家族の絆の大切さ等が充分に伝わってきた。家族揃って見るのには良い番組だった。
赤井さんの子供たちのホームステイの話も興味深かった。現地の家族と触れ合ったのは良かったと思います。子供たちの元気さもさることながら、スタッフも大変だったんだなと思いました。

戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved