第66回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録
日 時  平成15年9月3日(水) 14:00 〜 15:30
場 所  高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組 「踊る!YOSAKOI 2003」
平成15年8月11日(月)19:00〜20:00 放送

議 事 内 容

カメラワークが、本部は大写しでズームアップや斜めに撮ったり、色々工夫がなされていた。アーケードの踊りの中にカメラが入っていったのも臨場感があって良かったです。ただ、実際に踊っていた人の話を聞くと、カメラが近づきすぎたり、下にケーブルなどがいっぱいあって踊りにくかったと言っていました。
途中途中に前日の様子をVTRで挿入していたのはいいアイディアだと思いました。また、本部席の前にカメラを固定して全てのチームを同じ角度で平等に写すのも良いのではないかと思いました。
番組を通して地方車が一度も写らなかったので、地方車やマイクを持って合いの手を入れる人たちも写してほしいです。
踊り子チームの名前を字幕で表示していたのは良かったし、アナウンサーが各踊り子チームのテーマや個性、特徴を説明していたのは良かったと思います。
カメラが高い角度からや、斜めから写したりしていて、カメラアングルがいろいろ変わりすぎて目が廻りそうでした。
どこの局も踊っているのを放送するだけで他に何かアイディアは無いものでしょうか。あえて生放送をする必要があるのだろうかと思いました。
最初のうちは何か熱気が感じられませんでした。どうしてかなと思ってみると、踊り子たちの顔に笑顔が無く、皆黙々と踊っていました。画面も本部とアーケードの繰り返しだったのでにぎやかさが感じられず退屈に感じた。
オープニングで第一回目の時の映像が流れて、今年で50回目なんだというのを感じました。
踊りからCMに入るときにキューカットとして踊り子の女の子を写していたのは良かった。
他局に比べると妙に華やかさが無く、暗く感じました。夜の映像もそうで、帯屋町のところ等は特に暗かったです。前日の映像をVTRで入れていましたが、できたら前夜祭の様子や当日の昼の映像も入れたら良かったのではないかと思います。

戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved