第63回 高知さんさんテレビ 番組審議会 議事録
日 時  平成15年5月7日(水) 14:00 〜 15:30
場 所  高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組  東京ラブ・シネマ
 平成15年4月14日(月) 21:00〜22:09 放送

議 事 内 容

話の展開が速すぎてついていけなかった。願わくば、もう少し、我々にもわかる様な展開であれば、理解できるのではないかと思いました。
江口、財前の主演の二人に勇気づけられた。
最初と最後のBGMが大きすぎて、セリフが何と言っているのかわからなかった。
単純に見ていたら面白かった。次回以降の展開が楽しみでした。新聞に紹介されてあったとおり、35歳〜40歳代にピッタリだったと思う。
視聴率が紹介されていましたが、もう少し上がってもいいのではないでしょうか。個人的にはいいと思います。
面白かったです。ストーリーも軽妙なラブストーリーで、ターゲットは、中年というより若い人のように思いました。
いろいろな映画の配給や買い付けの様子が描かれており、映画世代の自分なんかは面白かった。
印象としては、中年をターゲットにしているんだなあと思いました。BGMも昔風だった。ただ、中年を狙ったのでは、逆に視聴率が取れないのではないかと思いました。
普通の番組は1時間とか、54分とかだと思うのですが、15分拡大というのには参りました。それに今、どの放送局も、55分からとか、59分からとか無秩序に編成されていて、見る側は、ズルズルと見てしまいます。本来の正しい放送とはかけ離れてしまうのではないかと思います。
35歳〜40歳代がターゲットなのはいいですが、ちょっと旬を過ぎてしまったキャスティングではないのかなと思いました。
男女の人間関係ばかりではなく、実際の映画産業の様子をもっと正確に伝えてほしいと思った。
大会社と小さい会社の対比が面白かった。ドラマの今後の展開も面白そうだ。

戻る

お問い合わせは... e-mail:admin@sunsuntv.co.jp   個人情報の保護について   内容の無断利用を禁じます.

Copyright 1999 Kochi Sun Sun Broadcasting, Inc. All rights reserved